WORK

船乗りに転職するときの面接と聞かれる質問内容

こんにちは。船員くんです。(@tankerkun)

この記事はこれから船員の面接に行く人に向けて書いてます

 

「面接方法を知りたい」

「どこで面接するの?船?」

「面接ではどんなことを聞かれるのか知りたい!」

 

こういった疑問に答えます。

 

船員の面接は船でやる場合もあります。

 

船の会社は日本全国にあり、自分の住んでいる場所から遠いことがほとんどです。

そのため、面接は会社で行う場合もありますが別の場所でやることも多いです。

自分の住んでいる近くのターミナル駅の喫茶店や飲食店、

最近ではオンライン面接に対応する会社も出てきました。

 

また、船内見学を含めて、乗船予定の船でやることがあります。

乗船前に船の雰囲気がわかったり、働いている人と顔を合わせることができるので、もしできることなら船での面接がおすすめです。

 

会社説明と称して、会社に話を聞きに行ったらそれが面接扱いになり、「いつから働けますか?」といった会社や、そもそも電話でしか面接をしない会社もあります。

そういった会社は入社後にトラブルになることもあるので注意しましょう。

 

面接に行くときはスーツで行くのがオススメ

 

よほどの理由がない限り面接はスーツで行きましょう。

中には私服で行っても問題なく採用になった話も聞きますが、

社会人として面接にスーツで行くのはマナーです。

 

僕が面接で聞かれたこと

 

面接の雰囲気はガチガチではなく、割とカジュアルな感じで行われることが多いです。

 

聞かれたこと

・今まではどんな仕事をしていたか。

→やってきたことをそのまま伝えましょう。

 

・なぜ船に乗りたいのか。

→船に乗って何がしたいかを伝えましょう。

 

・協調性はあるか。

→船内での生活は協調性が必要です。

 

・タバコは吸うか。

→正直に答えましょう。タバコを吸っている船員がほとんどです。

ガスタンカーやオイルタンカー以外あまりマイナスの印象はないと思います。

 

・お酒は飲むか。

正直に答えましょう。お酒を飲む船員がほとんどです。

嗜む程度であれば問題ないでしょう。

 

・ギャンブルはするか。

正直に答えましょう。ギャンブルをする船員がほとんどです。

ですがあまりいい印象は与えません。

 

・借金はあるか。

消費者金融などに借金があるといい印象は与えません。

 

・給料の希望はどれぐらいか。

希望の給料を伝えましょう。

少し高めに伝えて、交渉した際の落とし所に余裕を持っておくと、

納得できる給料に落ち着きやすいです。

 

・逆に質問はありますか?

休暇のことや交通費のこと、

賞与や手当てなど、聞きたいことを全部聞きましょう。

ここで聞いておかないと後でトラブルになる場合があります。

聞いておいた方がいいことは以下のノートから確認できます。

 

面接する時点でほぼ採用は決まってます

 

面接時に本人によほど問題がない場合は、ほぼ採用は決まってます。

そもそも採用前提で、面接時に契約関係の書類を用意してきている会社も多くあります。

 

でも、即決で会社を決めるのではなく、何社か比較して決めるのがおすすめです。

転職活動は1社だけでなく、何社か並行して行うのが普通です。

そのため、もし採用が出てもある程度の期間待ってもらいましょう。

あまりにも長く待たせてしまうと迷惑がかかってしまうので、最長でも2週間を目安にしましょう。

 

並行して転職活動をして、少しでも条件の良い会社を選べるようにしましょう。

 

 

-WORK